NZAMインサイドNZAM Inside

社長メッセージ

社長メッセージ

 私たち農林中金全共連アセットマネジメントは、農林中金・全共連等の日本を代表する機関投資家によって1985年10月に設立されました。創業以来、取り巻く環境は、目まぐるしくそして激しく移り変わってきましたが、一貫してニーズに適った投資手段を提供することを通じ、お客さまの利益への貢献に尽くしてきました。

 この長年にわたる実績を支えてきたものは、当社の「人材」であることに他なりませんが、お客さまに選ばれ続けてきたバリューの源泉は、「チームワーク」にあると考えており、私たちは、仕事をしていくうえでこれを何よりも大切なものとして共有しています。

 資産運用会社とは、言うまでもなく資産運用・投資のプロであり、プロフェッショナル人材の集合体です。高度でバラエティに富んだお客さまのニーズに的確に応えていくためには、高いレベルで専門性を発揮していくことが求められます。

 私たちは、一人ひとりが持つプロフェッショナリティについて、それぞれが担う役割や業務に精通している、ということに止まらず、関連する領域や周辺業務にも裾野を広げるよう努めています。そうした人材が、共通の目標に向けて、自分の職域や所属する部署の枠組みを超え結束し、働きかけ助け合いながら行動していく、それが組織として高いレベルでお客さまの満足を実現することに繋がると確信しています。

 当社には、お互いを高めあっていくカルチャーがあります。一人ひとりがチームワークを生むことに全力を注いでいます。互いに敬意を払いあいながら信頼関係を深め、それぞれが持つノウハウやスキル・経験を共有し、有機的に繋がり連携することで、一人の力では生み出せないプラスαの付加価値を創りだすことができると考えています。

 こうした価値観の下で全社一体となって、今後も、お客さまから信頼されるパートナーとしてあり続けることを目指しています。